タイヤは命を守る【タイヤのチェックは定期的に】

自分で行なう危険

自動車

タイヤ交換は、業者に依頼しましょう。ネットで検索すれば、タイヤ交換は自分で行なうこともできます。さらに、自分で行なうことで、料金も安く済ませることができるのです。ですが、自分で行なうと、タイヤの空気圧チェックやネジをしっかり閉められてないケースが発生します。タイヤを車両につける際、ネジを閉め忘れてしまうと、事故に繋がる可能性もあるのです。さらに、自分で行なうとホイールに傷をつけてしまう可能性があります。ですが、タイヤ交換業者は、タイヤ交換を行う際、タイヤ取替え専用機械を使用します。そのため、ホイールに傷がつくことがないのです。さらに、整備士の資格を取得していますので、安全にタイヤ設置を行なってもらえるのです。ですから、自分で行なって事故に繋がるようなことは避けるようにしましょう。

タイヤを購入する際には、タイヤの製造年数を調べるようにしましょう。タイヤの製造番号を調べる時には、タイヤの横に四桁の小さい数字が記載されているところがあります。この四桁内最初の二桁は製造週になります。最後の二桁は、製造年数になることを頭に入れておきましょう。これを知っておくことで、タイヤ購入する時は、できるだけ新しいタイヤを購入することができるようになるでしょう。製造番号が古いタイヤになってくると、ゴム質が固くなっているだけでなく、タイヤを付けてすぐに亀裂が入ってしまっているケースがあるので注意が必要です。